12月14日の選挙

一生懸命誰に入れるか考えて考えて、
ネットでの発言とかそういうのも考慮した結果、
投票に行かないという結論に達しました(汗)

みんなそれぞれ一生懸命なのでしょう。
本心からの憂国の士もいらっしゃるでしょう。

私はこの10年ほどは反自民なので、
自民党以外の、真剣に政治をやろうという人に入れたいと思っていました。
でも、なんか、
ここなら勝てそう(ハート)みたいに
いつの間にか大阪の選挙区に住所写して立候補する佐藤ゆかりさんみたいなひとや
結局何がしたいの?っておもっちゃう
「景気を回復します! 集団的自衛権は反対です!」って声ばかりで
具体性を演説に取り込まない人が多すぎる気がして、
結局、誰にも私の票はたくしたくない、って思ったのです。

「見てみなさい! あなたのような人がいるから
 投票率が落ちたのよ!」
と母親などはぷりぷりしていますが、
これは私の意思表示なのです。

政治家の皆さんも、
「国民の皆さんが無関心」だなんて、
勝手に決めつけないでください。

さらに、ここ数年応援していた維新の会
だけど、変な議員がひょこひょこ出てきて(中学生を脅した人とか)
ちょっとなーと思っていたところ、
昨日の橋下さんの会見見て、
ああ、こんな人がリーダーなら、もうだめだ。
と思ってしまったんです。

「そこまで言って委員会」時代、
奇抜な番組だなーとビクビクしつつも見ていて、
橋下さんのキャラからして政治家には向いてないと思っていたけど、
でも、きっと(たぶん?)頭のいい人なのだろうから、
いい方向に変えてくれるかな?
なんて期待して、ひそかに応援はしていました。
でも、「大阪都構想」というフレーズばかり口にして、
その実態がどんなものかも伝わってこないし、
う~ん、やっぱりこの人無理かも。
弁護士って論理的にものが言える人だと思っていたのに
感情が先走ってるなぁ、なんて考えていたところへ
昨日の会見です。
「僕の出直し選挙のとき、低投票率は無意味だって、批判したでしょ!!」
とリポーターに食って掛かる。
投票率が無意味なんじゃなく、あなたの進退を投票で決めるのはへんだなーって
思ったんですよ、みんな。
なのに、もう、負けおしみみたいに、
何度も何度も同じことを繰り返して、
ちょっと、あかん人かも、と思ってしまいました。

最初は期待していたのに……。
っていうか、私も反省。
こんな人に期待寄せるなんて、浅はかでした。

私は政治家にはなりえない(お金も人脈もないし家族の世話がある)ので、
大丈夫そうな人を選ぶしかないのだけど、
結局今回はだれも選べなかったのです。

こんな悲しい事態に、私はなんだかがっくり。
街中の街頭演説も、できるだけしっかり聞いていたけど、
「よし! あなたに私の一票を託します!」って人は、
居なかったのです。

こんな国で大丈夫かな。
過去の汚職事件などの記憶があるから
自民党を嫌っていたけど、
もう一度、党派を超えて、未来を託せる人物を
しっかり見極めたいなぁ、と
反省中です。
by mika-atori | 2014-12-15 14:35 | 日々のこと

日々のことをおもいつくままに書いています。


by mika-atori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28