復活祭

復活祭、今日なんですかね??

カトリックのミッションスクールで働いているのに
ダメダメな私です。

さて、先日、
信者ではない先生方が、いろいろ興味をお持ちで
シスター(宗教の授業担当の先生)に
いろいろ質問されていました。
日本の神と違うって話とか
キリストは救いの神で~とか
全知全能ってどういうことか~とか
で、私そこでつい、感極まって
「だって神様って、私たちの髪の毛の数まですべてご存じだって
 聖書に書いてましたよ! 私等自身でもわからないのに」
すごいですよね、と続けようとしたら、
シスターが
「あー書いてますよね。(ちょっぴり鼻で笑って)
 だから何? って感じですけど」

……シスター……

ちょっと、私、びっくりしました。
[PR]
Commented by あき at 2015-04-07 11:39 x
カソリックのミッションスクールで働いておられるのでしたか、教科は何を教えておられるのかなぁ?

クリスチャンではない、カスリックですがら、シスターではない。
小生が最初に学んだ学校は、リヨンにあるカソリックの外国人向けの語学学校でした。寮に入りましたが、地下には教会もありました。
30歳を過ぎて、結婚して、父の土木工事会社の2代目として働いていました。余裕ができたので、アメリカ人が宣教師として来日している教会で英会話を習いました。
松戸の「聖書キリスト教会、」「草加の福音自由教会、」「竹の塚のルーテル教会。」

それらの教会は布教が目的でした。小生は、サルトル―実存主義ー無神論者にならざるを得ない。「無神論者」でしたから、「馬に説教でした。」
Commented by mika-atori at 2015-04-08 08:04
教会で英会話って確かによくありますね。実際に行ったことはないですが。だって英語習っても身につかない人間なのです(笑)
私は一番初めは聖公会の教会に、幼いとき友達のおばあさまに連れていってもらい感動しました。そしてなぜか(たぶん母が小学校時代に配布されたとかいう)ギデオンの小さな新約聖書が家にあって、読み始めました。でも読んだのは大学に入ってからでした。キリスト教の学校ではなかったのですが、たいへんかわいがってくださった教授がクリスチャンで、さらにちょっといろいろ問題があって、某牧師様に助けていただきました。そのころには、キリスト教の大学の大学院に通っていて、いろいろ、勉強することが多かったです。
私は、ああ、こんなことが、もう私が生まれるより前30年ほど前から決まっていたんだ!なんていう人の巡り会わせと言いますか、そういったことでまだ生まれていなかった私を救う手立てが、すでに出来上がってたんだと実感し、びっくりしました。同時に、助けを求めたお寺のお坊さんやそういうえらい方々が全く無視してお金ばかり取ったのと比較して、牧師さんは何も要求せず、でも時間をたくさん私たちに下さった。これも感謝して、次第にキリスト教に心を置くようになりました。
いろいろ思うところあって、なかなか洗礼受ける決心はできないのですが。
でも、シスターのお話聞いてたり、プリントもらったりして楽しく学んでいます。
あ、私は国語教師です。中学校と高校の。
毎日楽しいですよ!
by mika-atori | 2015-04-05 10:13 | 日々のこと | Comments(2)

日々のことをおもいつくままに書いています。


by mika-atori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31