カテゴリ:未分類( 39 )

2017年2月16日 — TOKYO ZEROキャンペーンでは発足以来、各地の動物愛護センターについて「捕獲・抑留し殺処分するための施設」から、ドイツのティアハイムのような「保護し譲渡するための施設」へと転換するよう訴えてきました。この度、東京都が「動物愛護相談センター整備基本構想(骨子)」に対する意見募集を始めました(2月22日締め切り)。これはTOKYO ZEROキャンペーンが訴えてきたティアハイム的施設へと転換するための大きな一歩となります。

「東京都動物愛護相談センター」はこれまで、主に本所(世田谷区八幡山二丁目9番11号)を犬猫の保管・譲渡施設として運営していましたが、手狭で一般来客用の駐車場もなく、土日は閉庁しているなどの問題を抱えていました。また城南島出張所(大田区城南島三丁目2番1号)には殺処分機が置かれ、主にここで、おおむね週に1回程度のペースで犬猫の殺処分を行っていました。
東京都が新たに動物愛護相談センターを整備するにあたり、こうした問題が解決できるよう、ぜひ皆さんからも東京都に意見を送っていただければと思います。

なお今回の基本構想(素案)には、動物愛護行政に関する事項も含まれています。TOKYO ZEROキャンペーンではこれまで、ペットショップや繁殖業者などのペット産業の適正化も求めてきました。今回の意見募集については、ペットショップや繁殖業者など「第一種動物取扱業者への監視・指導の強化」を求める必要もあると考えています。

TOKYO ZEORキャンペーンの呼びかけ人で東京都議会議員の塩村あやかさんは「世界一のセンターにするためには、動物の譲渡だけではなく、都民のモラル向上や、都がこれまでの考えを改めて問題を速やかに解決するシステムの構築まで行うことが求められます。着眼点を変えて意見を伝えるといいと思います。私もブログで意見を公表しているので参考にしてみて下さい」と指摘しています。

今回の意見募集にかかわる関連の情報は下記のサイトにあります。皆さませひお目通しいただき、意見を送ってみてください。



意見募集についてのサイト:
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/doubutsu_oshirase/ikenboshu.html

動物愛護相談センター整備基本構想(骨子):
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/doubutsu_oshirase/ikenboshu.files/kihonkousoukossi.pdf

動物愛護相談センター整備基本構想(骨子)【概要】:
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/doubutsu_oshirase/ikenboshu.files/kihonkousoukossigaiyou.pdf
[PR]
by mika-atori | 2017-02-18 06:29
佐藤隆夫さんの写真

みんなが毛皮のついたものを買わなくなれば、
こんな残酷なことはなくなります。
責任はあなたにある。
助けられるのはあなたです。

[PR]
by mika-atori | 2016-03-13 22:07 | Comments(0)

トルストイもヴィーガン

石坂 亜由美さんの写真

偉大な小説家であり思想家、トルストイ。
『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』の著者。
トルストイは、59歳の時に肉食をやめたそうです。
トルストイは次のような言葉を残しています...

『動物からもたらされた食べ物を神が許したという風に信じさせられた結果、人々は動物を食べる事を悪い事だとは考えない。が、これは間違っている。
たとえいかなる書物に動物を殺したり食べたりする事が罪悪でないと書かれていようとも、それらのいかなる書物よりも遥かにハッキリと、動物を我々人間と同じように憐れんで、殺したりしてはならないと言うことが、人間の心の中に書き記されているのである。
そして我々は、自己の内部の良心を殺さない限り、みなその事を知っている』

そう、みんな知っている。
だから見えない所で隠して行われているのだと思います。堂々とガラス張りのショールームで行われないのは、みんなの心が痛み苦しむからです。
人間の心には、全て大切な事が書き記されているんですね。それに気づきましょう!
石坂 亜由美さんからお借りしました。


[PR]
by mika-atori | 2016-03-13 21:52 | Comments(0)

1分だけの動画

↓クリックすると見られます。一分だけなので見てください。
彼女の一生

お肉を食べるとき、みんなも本当は分かっているのに
「まぁいっか」と思うのかもしれない。
あるいは「お肉になるんだから仕方ないでしょ」って思っているのかも。
目を反らしているのか、知ろうとしていないのか、無関心な部分。
体の向きも変えられない狭い場所で一生を過ごし、
水もろくに飲めなくて、食事もきちんともらえない。
“Soon she die”
どうせ直ぐに彼女は死ぬんだもの。
お肉になる為に。..
これは現実。悲しい現実。
あなたは無視できますか?
仕方ないの?
それでもまだ食べ続ける?
肉食は人間には本当は不要だとしても?
“相手の悲しみや苦しみを、相手の立場になって考える”
子供の頃、そんな大人になりなさいと
私たちは教えられてきた。
それは人間にたいしてだけではないはず。
だって、動物を殺すシーンを見たら
うわ!嫌だ!って思うでしょ?
殴られてる犬を見たら、「ひどい!」と思うでしょ。
私たちの思いやりは、人間だけではなく、
すべての生き物に対して開かれているのです。
お肉になる動物の立場に立って考えてみて下さい。
私は、私が過激なのでは無いと思っています。
これは、生き物である私としては、当然の考え方だと思っています。
私が肉食獣であれば、食べるでしょう。
でも、こんな風に人工授精で産ませて一生を閉じ込めて
不自由な2,3年を生きさせて
殺して食べる
そんなひどいことはしない。
幸い私は肉食獣じゃない。
草食、穀物食で十分生きていける人間
だったらこんなひどいことはしなくていい。
したくない。


[PR]
by mika-atori | 2016-03-13 13:25 | Comments(0)
この人には決して動物を渡さないでください。
保護しますと言って引き取っては虐待をし、
またあたらしい犬を連れて帰り
また虐待する
それを繰り返しています。
もうあまりにひどいので、
顔写真アップします。
栃木 宇都宮在住の「神永唯久」という老人です。
この人に犬が欲しいといわれたら警察に相談してください。

https://external.xx.fbcdn.net/safe_image.php?d=AQAhnUYLI8UC646j&w=158&h=237&url=https%3A%2F%2Fpbs.twimg.com%2Fmedia%2FCc2pNi4UUAAiXV3.jpg%3Alarge&cfs=1&upscale=1&sx=133&sy=0&sw=891&sh=1336&ext=png2jpg

🚨また神永が動き出したようだ。🚨 ラブラドールを手にいれようとしている SNSを利用しないボラさんもいるようなので、口頭での拡散も必要https://t.co/FhLK67DVgU



[PR]
by mika-atori | 2016-03-12 20:27 | Comments(0)

あなたが食べたそのお肉

business journalからの引用です。
私はアニマルイーターではなくヴィーガンですので、牛を食べること自体に反対していますが、こういうニュースもみなさんが知っておくべきだと思うので、今回は取り上げたいと思います。

疾病により廃棄された牛は85.5%

 ココイチのビーフカツは合成肉ですが、原材料の大半は当然、牛肉でしょう。その牛肉に関して、これは厚労省の食肉検査等情報還元調査で、全国での屠畜検査総頭数117万5991頭のうち、病気のため全部または一部を廃棄された数は100万5141頭と発表されています(平成21年度・厚生労働省生活衛生局乳肉衛生課調べ)。実に、その疾病廃棄頭数率85.5%です。

 一般の消費者で、この事実を知っている人は何%いるでしょうか。このような事実を知らずに、消費者は正しく品質を見定めることができるでしょうか。このような情報を知ることによって初めて、自分がどのようなものを食べているのかを考えることができるのではないでしょうか。消費者が正しい判断を下し、正しい選択をするためには、その基準づくりのための情報が必要ですが、それが適切に開示されているかどうかは甚だ疑問です。

 筆者は、おいしくて安全な牛肉を生産するために、牛を育てている生産者の方々を数多く存じ上げています。そういう方々を尊敬もしています。だから、決して彼らを困らせようなどとは考えていません。むしろ、応援しています。要は、消費者がもっと自分が食べるものに関心を持つべきだと言いたいのです。牛肉の生産者の方々は、病気の牛を育てようなどとは誰一人として考えていません。しかし、消費者が安い牛肉を求めるから、それに応えるべく、必死でコストを抑えて牛を育てているのです。その結果の疾病廃棄頭数率85.5%なのです。

 この数字を知ってか知らずか、糖質を制限して動物性たんぱく質をたくさん食べろなどと言っている人たちが数多いるのには、あきれ果ててしまいます。ついでながら、屠殺された豚1694万3135頭のうち65.6%が疾病廃棄されています。

 賢明なる読者諸兄諸姉におかれましては、正しい情報を元に、ご自分の判断基準を持って、ご自分やご家族が食べるものを選択していただきたいと願うばかりです。
(文=南清貴/フードプロデューサー、一般社団法人日本オーガニックレストラン協会代表理事)

●南清貴(みなみ・きよたか)
フードプロデューサー、一般社団法人日本オーガニックレストラン協会代表理事。舞台演出の
勉強の一環として整体を学んだことをきっかけに、体と食の関係の重要さに気づき、栄養学を徹底的に学ぶ。1995年、渋谷区代々木上原にオーガニックレストランの草分け「キヨズキッチン」を開業。2005年より「ナチュラルエイジング」というキーワードを打ち立て、全国のレストラン、カフェ、デリカテッセンなどの業態開発、企業内社員食堂や、クリニック、ホテル、スパなどのフードメニュー開発、講演活動などに力を注ぐ。最新の栄養学を料理の中心に据え、自然食やマクロビオティックとは一線を画した新しいタイプの創作料理を考案・提供し、業界やマスコミからも注目を浴びる。親しみある人柄に、著名人やモデル、医師、経営者などのファンも多い。

こういう記事を読むと、近年爆発的に増えつつあるガン患者のことが思いだされます。
私の叔母は毎日お肉を食べていました。遺伝子組み換え大豆やコーンの入ったスナック
菓子も大好き。その代りお野菜もいっぱい食べなきゃと、そこは気にして山盛りの野菜
を食べていました。
でも、ガンになりました。
いくらたくさん野菜食べていても、
牛乳をがばがば飲んで、牛や豚を食べ続けると、癌になるんだなと実感しました。
我が家の家系に癌の人はいなかったのに。お肉食べるのやめましょうよ。
牛や豚にも生きる権利があるでしょ。そして私たち人間にも健康でいる権利があるでしょ。
肉さえ食べなければいいとは思いませんが、少なくとも、血管の動脈硬化は引き起こされ
にくなるし、ガンの罹患率も低いはずです。
自分の健康のためにも、動物たちの命のためにも、お肉、やめましょう。


[PR]
by mika-atori | 2016-03-06 18:43 | Comments(0)
↓をクリックして、ページの一番最後までスクロールしてください。署名欄があります。
犬の毛皮反対の署名にご協力を


皮を剥がれた動物は、数十分かけてくるしみと激痛の中で死にます。
あなたの毛皮のためにこんなことが起こっているのです。


[PR]
by mika-atori | 2016-03-02 20:58 | Comments(0)

日本でも、世界でも

京大の学食でも
ヴィーガンメニューができたそうです

「それは、国際的にってことでしょ?
 留学生のためじゃないの?」
という声が聞こえてきそうですが実はそうではありません。
ある一人の女子大生が学校に訴えてできたものらしいのです。

それは、現在の地球環境、畜産工場の現場
そういうことを改善するために学校側も
受け入れたようです。

世界には、ミートフリーマンデー(ベジーマンデーとも)を導入する
大学や都市が増えてきました。
これは単なる嗜好の問題でも
ブームや健康オタクの思いつきでもありません。

そう、もうお気づきかと思います。

環境破壊
地球温暖化
飢餓
これらの最大の原因が肉食だと
みんな知り始めたからです。
本当のこと知れば
人は賢い生き物です
きちんと対処するでしょう。

上記3つだけがベジーマンデーで改善されるだけではなく、
トルストイ 曰く
地球上のあらゆる残虐なものをなくすことができる
のだそうです。
それは、暴力、戦争も含まれています。

かのダヴィンチも
人間はいつか、牛や豚を食べのが
人を食べるのと同じだけの残虐性を持つことに気づくだろう
と言っています。
彼は、菜食主義者で
道で籠に入れられて売られている鳥を勝手は空に放してやることを
ずっと続けていたという逸話が残るほど
動物を人と同じように憐れんでいました。
動物にも感情があり、
母もいれば子もいて、
愛情に溢れているということを
訴えていました。
そしていつか、人は肉を食べなくなると。
逆に、「いつになったら人は肉食を辞めるのだ。
いつになったら人は残忍な行いをやめるのだ」とも言っていたようです。

彼の時代からずいぶん時間が経ちました。
今でもまだまだ肉食は主流です。
でもダヴィンチの予言通り
ヴィーガンの人口確率は大変多くなっています。
いまや、アメリカでは20人に一人がヴィーガンとか。
一日も早く、
一匹でも多く、
動物たちを地獄のような日々から解放したいと
私は切に願っています。
毎日、胸を炒め、
毎日、涙を流しています。

人間はお肉を食べないでいいのです
先日ご紹介したように、肉は必須ではないと判明しています
だったら、殺さなくてもいいじゃないですか。
人工授精で産ますだけ産ませて
狭い檻で固めて身動きできないまま
5,6年の苦しい生涯を生きさせて殺す
あるいは生まれてすぐ殺す。
そんなこと、しないでいましょうよ。

せっかくこの奇跡の星に生まれた仲間ではないですか
私たちは肉食獣じゃないのですから
彼らを愛して、
生きていきましょうよ。


[PR]
by mika-atori | 2016-02-19 22:44 | Comments(0)
{440641D6-851B-484A-A5AD-55DE1AD9EBF9:01}
福太郎ちゃん。
といいます。
ご家族がやむにやまれぬ事情で引っ越しされます。
引っ越し先がわんこ禁止なようで、
里親様を探しています。
年は取っていますが、
年をとっているからこその優しさおだやかさがあります。
かわいがって抱きしめてくださる里親様
どうか新しい家族として迎え入れてやってください。
連絡先:コメント欄に書き込んで下さればありがたいです
↑クリックして、福太郎くんの記事の最後にある「コメントする」をポチッと
おしてお問い合わせください。
よろしくお願いします。

[PR]
by mika-atori | 2016-02-16 20:42 | Comments(0)
イメージ 1
GMO 世界一食っているのは、日本人。 ご存知でした?

何処に入っていて、
どっから、誰が、食しているのだろうか???

参考:
アメリカから遺伝子組み換え食品を最も多く輸入している国は?

ニッポン!!TPPが、あろうと、無かろうと・・・...


「アメリカから遺伝子組み換え食品を最も多く輸入している国は「日本」だったことについ­てジャーナリスト堤未果さんがテレビや新聞ではまったく報道されない隠された真実を語る。」
Source:
ラジオ版学問のすすめ 2013年8月20日放送分より引用」

●遺伝子組み換え作物を食べたラットの7割が癌で死亡、仏の研究者発表

◆フランスでの実験は、妨害が予想されたので、極秘裡に行われた。ロシアでは既に輸入停止を決めた。

驚きの記事を目にした。
なぜか、わが国では報道もされていないが、今、欧州では大問題となっているという。 我が国でも、TPP参加が決まれば、アメリカから遺伝子組み換え作物がどっと我が国に入ってくることになるのだから、論議が十分に尽くされなければならないはずである。
以下がそれである。
原文は、英語で、フェイスブックの方にアップさせて頂いている。そこには、腫瘍が出来たラットの写真なども掲載されている。
なお、フランスでの実験は、妨害が予想されたので、極秘裡に行われた。
現段階では、賛否両論あると思うが、ロシアでは既に輸入停止を決めた。その記事は、後ほど掲載させて頂く。

フランスの研究者らが行った実験によると、米モンサント社の遺伝子組み換えトウモロコシを与え続けたラットに発がん性、突出した死亡率が見られたという。
この実験は約2年間、200匹のラットを使用して行われ、その中で遺伝子組換え作物に力を入れているアメリカ企業〈モンサント〉のGMO(遺伝子組み換え作物)トウモロコシを与え続けたラットの5~8割に、ピンポン玉からテニスボール大のサイズの腫瘍が発生、それらの7割が死亡した。

モンサント社はラウンドアップ(除草剤)や遺伝子組み換え作物などで知られる世界的なバイオ科学メーカー。
日本が、TPPに 加盟したら、このモンサントの食品が入ってくるという事です。」(『Gira Blog』「TPP絶対反対!遺伝子組換えの恐怖(動画)」2012年9月22日)

さらに話は次のように続いている。

ちなみに、今現在でも日本人は、政府によって騙されてます。世界中で、日本がもっとも遺伝子組み換え食品を食べさせられているという事実を是非、知ってください。遺伝子組み換えの食品を一番食べているのは日本人だそうですよ!!
遺伝子組み換え食品の含有率が何%以下なら遺伝子組み換えでないという表示ができるか?

・日本 5%以内

・韓国 3%以内
・アメリカ 0.9%以内

この現実をあなたはどう思いますか? 」(同上)

[PR]
by mika-atori | 2016-02-09 19:49 | Comments(0)

日々のことをおもいつくままに書いています。


by mika-atori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30