<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

膝のお皿


先日、1Fの居間で
はなは父と遊んでいたら
こたつのお布団に足をとられてころんで
キャインキャインキャイン!!!
痛かったのが怖かったのか
足を引きずるようにして
2Fの母の書斎にまできて足許にうずくまったそうです

おどろいて父も追いかけてきて
足をなでたり

3本足で立っているけど
捻挫程度かもしれないし
午前診の受け付けは後30分で終わってしまうし
様子を見て
治らなかったら午後診察してもらおうということに

その時は私は外へ出ていたので現場は見ていないのです。

でも、帰宅した時
はなは私にしがみついてきました
お尻はズクズクにぬれています。

「ちょうど今、おもらししちゃったところだったのよ」

トイレはきっちりしているはなです

しゃがめなくって我慢していたら
とうとうもれちゃったらしいのです。

午後になってお医者に連れていくと
どうやら無理な力が変な方向へかかって
膝頭のお皿が
内側か外側に一度ずれてしまったのだろう
ということでした
「たぶん、本人(犬)が足を延ばしなりして
 お皿の位置は正しい位置に戻していますが
 問題は、そのせいで靭帯が無理に伸びたこと。
 悪くすれば、人体の損傷もあるかもしれないけど
 それならMRIとらないといけないし、
 今の段階では、そこまでしなくてもいいのじゃないかしら
 一週間様子見て、改善されなければ
 MRIということにしましょう」

炎症を抑える薬を処方してもらい
帰宅しました。

問題は絶対安静といわれたことです

普段、本当に自由にさせていて
ケージも大嫌いだし
お庭に行きたきゃ勝手に窓を開けて出ていって
どこへでもたったたったと走ります

一応、居間にある自分のお布団のところで
しょげていますが
母が食事の準備で台所に立つと
さっと立ち上がって歩こうとします
「ああ~! だめだめ!」
全員に言われて
「あ、そうなの?」
ともう一度伏せをします。

たぶんそれをに三回繰り返しているうちに
膝がもっと痛くなってきたのでしょう
食事も寝たままお布団の上で
前足でお皿を抱えて食べますし
おトイレも
父に抱っこして連れていってもらって
シートの上で支えてもらいつつ
なんとか 
ジョー!
大量のおしっこ
う○こも父親が支えます

今日は薬を飲んで4日目。

すっかり寝たきりになていますが
ピンポン!に反応して
立ち上がるとやっぱりいたそうで
3本足で
キュンキュン!

月曜日に見てもらうことになっていますが
あまりにも寝たきり状態で
普段のはなとは想像もつかないくらいおとなしいので
家族はみんな心配です

靭帯の損傷がないように
今は祈るばかり・・・・・・

でも、犬って回復早いはずなのに
四日経ってもこんなにいたがったままなんて
とても心配です

きっと良くなりますように

祈るばかりです。
 
[PR]
by mika-atori | 2015-01-30 06:42 | はなのこと | Comments(0)

一年経ちました

2014年1月21日
0時41分

ねねが天に召されてから
1年が経ちました

ねねのいない世界は
色がなく
つまらない世界で、
私は生きていけるか
自信がありませんでした

しかし、生きている今の自分があります

よく頑張って一年間生きた
という気持ちと
ねねがいない世界に
一年もいるのだな
という気持ちがあります

ねねがいないことで
母が激ヤセし
父が認知症のようにぼーっとしてしまう
そんな状況が続いていました

私は、
何を食べても満足できず
しかしおいしいとも思えず
動物のものを口にしたくなくなりました
そんな日々の中で
人間社会の中での
動物たちのひどい扱いに
はじめて目が向きました

毛皮がどんなに恐ろしい方法で動物たちから搾取されているか
漢方として使われる動物たちの生き地獄も知りました

この地球も自然も
人間のものではないということはみんな理解しているはずなのに
なぜ、人間のためにだけ世界があるかのようにふるまい
自分たち人間のためなら
動物を資本や欲のために使ってもよいのだ
などという考えが生まれるのか
そういったことにも心が向くようになりました
そして、そういうことのために必死に生きている
働きかけて活動している方々のことも知りました

地道に、コツコツと
やさしく。

そんな方々のことを敬愛した一年でもありました


また、新しい家族も迎えました

正直言うと私は迎えるつもりがなかったのですが
母が、このままだと病気になりそうだと泣くので
「はな」を我が家に迎え入れました

「はな」と接して
仔犬ってこんなに
はつらつと悪さをして
暴れまわるものなのだということを
はじめて知りました。
ねねの犬らしくない
賢さ、落ち着き、
愛情深さ、思慮深さを
改めて確認し
ねねをもっと深く愛することになりました

はなも、この頃はずいぶん落ち着いてきて
やさしいかわいらしいワンコになってきました

先日、ねねと二人きりで過ごした最期の夜について
思いをつづったものが
文校の新聞にのりました
書いて提出すればもれなく載せてもらえるものではありますが
読んだ方々から
昨日(20日)
共感とお褒めの言葉をいただきました。

c0348609_15132.jpg

ねねが天に召されて一年経ったことを
区切りだなんて全く思いもできません。
ねねのことを
16年7か月前と同じく
一年前と同じく
昨日と同じく
今日も思い続け
明日も思っていることでしょう

ねねは私にとって
心底愛した妹であり
相棒であり
娘でもあります
今でも、もちろん
ねねとの関係は変わりません
ねねと私は永遠だと
確信に近い愛情が
胸にあふれて出て来ます
泉のようにつややかで輝くような
愛です
私からねねへの愛であり
ねねから私にくれる愛でもあると
信じています
私が死んだら
絶対に会える
絶対に会います
そして永遠に離れるつもりはありません

私はねねにかたりかけます

今日もこれからも
[PR]
by mika-atori | 2015-01-21 01:13 | ねねのこと | Comments(2)

レトロなポット

c0348609_6275160.png

昨日、ある学校の依頼で
仕事に行きました。
年に、3回のお仕事です。
そこで、食事も出していただけるのですが
その時、テーブルに出されたポットに目が釘づけになりました。

実際目にしたのは
上の写真の三つとは実は微妙に違うのですが
とにかくレトロでかわいいし
何だか職人わざを感じました。
本当は写真を撮りたかったのですが
さすがに招かれていった仕事先(お客さん扱い)で
写真撮るのはできずじっと我慢
(この写真は、あるサイトからお借りしました)
でも、人が出払ったスキに底を見ると
made in japan
Yacht
とあります。
底が回転テーブルになっている魔法瓶で
しっかりとした籐の編み込みがうつくしい

人が戻ってきた時に
「素敵な魔法瓶ですね」
と声をかけると
「素敵・・・・・・。そういわれれば」
「しっかりした作りだし」
「そうですね、もうずっと昔からこの学校にあるので
 相当古いはずですけど、まだまだもってますね。
 どこも壊れたりちぎれたりしないし」

なるほど
本物は、ものがいいってことですね

欲しくなってネットで探してみましたが
今はもしかしてこのYacht(ヨット)はないのかも?

オークションサイトで
ちらほらは出ていました。

ああ、昔の古いものって
本当に素敵
[PR]
by mika-atori | 2015-01-15 06:24 | 日々のこと | Comments(0)

日課

雀の観察が
はなの日課です
c0348609_2342787.jpg

父ははなのことを
「すずめのおやぶん」
と呼びます。

すずめのほっぺにある黒い点の模様が
はなのほっぺにもあるからなんだとか
c0348609_23455342.png

c0348609_23475127.jpg


いやいや、父よ

犬は結構みんな
黒い点の模様が
ほっぺにあるよ。

でも、
あれって何なんですかね?

たいていひげのかえてるところ
ひげの根元っぽいけど・・・・・・
[PR]
by mika-atori | 2015-01-12 23:43 | はなのこと | Comments(0)

朝寝

早朝5時半に
家族全員起こす癖に
庭に集う雀の観察を終えて
朝ご飯たらふく食べたら、
こうですよ

c0348609_2104719.jpg


ペットボトルを追い回した後
ピッピ、ピッピと鳴らして遊んだ
うさぎちゃんを背中に敷いて
ホットカーペットの上で
ぐ~ぐ~

いい御身分です
[PR]
by mika-atori | 2015-01-12 21:02 | はなのこと | Comments(0)

はな、夜の道を怖がる

はなが我が家に来た当初
去年の5月ですが、
夜の道が怖いといって
ひゅんひゅん鳴いては
散歩をしょっちゅう中断していました

箕面の山育ちなのに
竹林や木の多いところに差し掛かると
ぎゃ~!!! こわいのー!!!
と小さい手足を踏ん張っていました。

そういえば、
家の中で暴れてしまって
母親がとにかく何とかして
自分に注意を向けさせようと
ホーホケキョ!と
口笛を吹いたことがありました

すると、走っていたのに
ピタッ!!!
ととまって、後ずさりし
母をじっと見つめます。

おとなしくなるんだと思って
母がもう一度
ホーホケキョ!
と吹くと
人間の子供が泣くみたいに
ひょえ~んえ~ん!
と泣き出してうずくまったこともあります。

今ではもうそんなことはありませんが、
我が家に来た当初は
いろいろトラウマというか
PTSDみたいな?
何か傷を抱えていたみたいで

え? なんで?
みたいなことで
突然泣き崩れたり
うずくまったり……

きっとつらい思いをしてたんだろうなぁ
とひどく悲しい気持ちになったものでした。

今はめちゃくちゃ元気です
わがまま放題
好き勝手し放題

父親に教えてもらった階段を下りる方法も
自分の物にして
いまでは走って降りられるくらい

庭に続く掃き出し窓も
勝手に鼻でくいっとあけて
左手でがががーっと開いて
庭に飛び出していきます
注)窓の開け方はだれも教えていません
外からも自由に開けてしまうので
泥んこの足で家に入ってきて走り回り、
父と母に怒られています

怒られてもへっちゃらですが・・・・・・

まあ、元気になって
図太くなってくれて
良かったと思いましょう(笑)

ただいま17kg!
抱っこも一苦労の11か月齢です。
[PR]
by mika-atori | 2015-01-09 02:20 | はなのこと | Comments(0)
昨夜は、もう夜の9時前
白髪染めをして表示時間より長めにおかないと……
と、
面白い頭のまま、
そしてお風呂にお湯を張る。

さあ、そろそろ白髪染めを洗い流そうかしら。

そんな折、玄関の方から
「こんばんは~!」

???

たしかに、この頃玄関チャイムの接触が悪いのは知ってたけど
それは雨の日に限ってのことなので、
きっとよその家だろう


そう思って頭を洗おうとしたとき
「こんばんは~!」
「こんばんは~!」

何度も響く声、
……
距離からしてたぶん、うち。

でも、もう裸だし
頭もちょっぴり濡れてるし、
出られないのよ。

っていうか、
こんな夜に訪ねてくる人って
だれ!?
って感じで怖い。

それに、この家はアトリエとして使っていて
実際住んでいるわけでなく
この日の夜のようにお泊りしないこともないけど
勉強や文章を書くための家なので
人が訪ねてくることは
まずないことなのだ。

そのだれかは、ひとしきり
「こんばんは~!」攻撃をして
あきらめて帰っていったけど、
心臓がどきどき。

ドキドキが治まらず、
湯船につかったら苦しくて
仕方なく早々に上がり、
着替えてインド人よろしく
タオルを頭に巻いて外の様子を探る

はっきりしないと落ち着いてお風呂にも入れない。

・・・・・・
ドアを細目に開けてみても もう誰もいない

何だったんだろう?
宅配は来ないはずだし・・・・・・
そう思いつつ郵便受けを探ると

NHK!!!


またか!
うちにはTVがないし、ラジオもないし、
受信してないんだから
払いませんって言ってるのに!
そもそも空港の近くなので特別なアンテナが必要だし、
10年ほど前の台風で、
もともと立ってた全く意味のない大きなアンテナは
ぶっ飛ばされて
屋根の上にはアンテナもないし!

NHK受信料は
人頭税か!!!


と、怒り心頭。

でも、また今度いつ来るかと思うと
面倒くさくって憂鬱な気分。
払う必要のないものまで、
「もういいかげんはらってくださいよ~」
なんて、半笑いでねちっこく言いに来られることを
想像するだけでノイローゼになりそうです。

裁判起こしてやろうかと思うくらい
いやです。

NHK最低!!!
[PR]
by mika-atori | 2015-01-08 09:03 | 日々のこと | Comments(0)

2015年

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします


すっかり実家にて寝正月を決め込んでおりました

が、しかし!
起床だけは超早いです

なぜなら、

はなに起こされるからです……

速いときには4時50分
ゆっくりの時は6時過ぎ
平均して、5時32分でした

まず、一緒の部屋で寝ている母を激しくおこします
両手の爪で母のベッドをがりがり
そしてちべた~く濡れた鼻で
母のほっぺをつんつん

たまらず母が部屋のドアを開けます
その音で私は目が覚めていますが、
イン ベッドです
母の部屋から出たはなは
迷わず階段を上って2階の私の部屋のドアをがりがり
その音で目が覚めた妹が、
むっくり起き上がって
無責任にも
私の部屋のドアを開けます。
妹にあいさつしつつも
私の部屋に入ると
一直線に私のベッドへ走ってきて

ど~ん!!!
ねぇ~ちゃん、起きろー!!!


顔じゅうなめまくられて起きないわけにはいきません

そういう年末年始を過ごしましたので、
お昼ごはんを食べた後あたりから
ぐらぐらと眠くなり
居間のこたつで口を開けて眠ります

はなもそのころには同じように昼寝

夕食後、はなは本気で寝入ります

そのころにはすっきり目が覚めている人間たちはつい夜更かし

午前1時ごろにベッドに

そして早朝に はなに起こされるという・・・・・・

悪循環を断ち切ろうと
早く寝る努力をせず、
早く眠ってしまう はなを
寝かせない努力をしましたが、
全く無駄でした。

一回眠ったら引きずろうが
コチョコチョしようが
うさぎのぬいぐるみを乗っけようが
眼もあけず耳も動かさず
ねむりこけます

どうやったら犬を朝ゆっくり寝かせられるのでしょう・・・・・・

家族じゅう寝不足です。
[PR]
by mika-atori | 2015-01-04 22:38 | 日々のこと | Comments(0)

日々のことをおもいつくままに書いています。


by mika-atori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30