<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

唐突に汚くてすみませんが、
はなちゃんにとってはとても大事なことです。
はなちゃんは、おうちのおしっこシートの上でしか用を足しません
そのため、旅行も行けなくて遠足も無理
少し遠くて、片道40分のところにあるドッグランに行くのも
お出かけ前にしっかりおトイレをしてから出発
帰ってくるなり、トイレシートの上にかけ乗って、
「ほお~、まにあったぁ~」とおしっこをする始末。

お庭で遊んでいても、
「おかーさーん、あけてくださーい!」
と掃き出し窓をノックして開けてもらっては
家の中でおトイレをしていました。

ところがこの頃お庭が大のお気に入りで、
フェンス越しにお隣の奥さんや息子さんが声をかけてくれるし、
ねこがくるし、
いろいろたのしくて、
おうちに入るのもおっくうになったのか、
お庭で、2,3かいおしっこすることができました。

我が家にとっては赤飯なみのよろこびごとです。
きちんと場所も決めて、同じ場所にオシッコできました

すかさずみんなでえらいえらいとほめたおしましたが、
また、トイレシートに戻ったり、
そうこうしているうちに、

今日、
とうとう、
なんと!
う〇こちゃんもしたのです。

初チャレンジでしたが
ちゃんとできました!

もう、赤飯どころか、餅つきしてもいいくらいの慶び事です。

このまま、お庭でできる習慣がついたら、
お散歩でもチャレンジしてくれるといいな。

そうして、最終的には家族旅行もしたいし
などなど、
夢は膨らみます。

すこしずつ、すこしずつ
できることがふえていくのって
嬉しいもんですね
[PR]
by mika-atori | 2015-10-29 23:35 | はなのこと | Comments(0)

エニアグラム

私の職場に神父様が講師としてたまにいらっしゃいます。
先日、その方から「もう何千年も前からあるんだよ」と教えていただいたのが
エニアグラム
「当たるかどうかは分からないけど、自己分析にはいいかもしれないね」といわれ、
私もやってみました。

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。



当たっている部分もあり、そこまでではないけどと思うこともあり、
まあまあ、面白くできました。
皆さんもやってみてはいかがでしょう?

ちょっとした暇つぶしにはなります。
[PR]
by mika-atori | 2015-10-25 08:56 | 日々のこと | Comments(0)

違いが分かりすぎる女

すでに天国にいる我が家の三女「ねねしゃん」も
結構本物と偽物を見分け、
添加物の多いものは食べたくないとか
安物のおやつはいやだとか
安納芋でないやきいもはいっさい口にしないとか
百貨店で買ったようなリンゴでないと食べません
とか
「違いの分かる女」ぶりを発揮していました

しかし、「はな」はかなりそこら辺の線引きは厳しい
美味しいおいしくないを通り越して
体にいいものしか受け付けない

無農薬のブロッコリなら食べます
そこら辺の安いスーパーで買ったキャベツは見るのも嫌です
安納芋や鹿児島県産のお芋なら食べます。もちろん無農薬。
百歩譲っても減農薬ですね
普通の紅吾妻でもまあいいんですが、
農薬を使ってたら嫌です
お米に飽きたからパスタにしてください
あ、もちろん、オーガニックの全粒粉で

こんな感じです。
母親が甘やかしすぎたというのもあるんでしょうが、
この変わりようってなんだろう
うちに来た当初は飢餓状態で
石や砂や、庭に生えてる木の実やらありとあらゆるものを食べていたのに

しかし、犬の味覚って本当に鋭い
いや、嗅覚でしょうか。
気に入らないとなると匂いだけで
もう、なめることもせずにそっぽ向きます

c0348609_982823.jpg

安全なもの=おいしいもの
そうでしょ?と
言っているみたいです。
[PR]
by mika-atori | 2015-10-24 09:09 | はなのこと | Comments(0)
さて、今日は琳派展を見に
朝から電車に乗り込んで
京都国立博物館に到着しました。
c0348609_20165690.jpg

早く来たのに入場までに20分待ちです
危ないからかな、入場制限をされています。
俵屋宗達 尾形光琳 ととづく中、やはり目を引くのは
酒井泡一です
色使い。たらしこみの技法の繊細なこと。
鮮やかなのに渋い。
最高です。
c0348609_20201782.jpg

c0348609_20244978.jpg

いや~堪能しました。
そのせいか、博物館を出た後、つい足許の植物に目がいき、パシリ
c0348609_20262114.jpg

影響を受けてしまっていますね(笑)
さて、三条までもどっておばんざいを頂きましたが、
薄味の私には実は京都の食事は味が濃い。
ちょっときつかったです。
その後、鳩居堂で六種の薫物(平安時代の代表的なお香)のセットの線香と
創作用の「大人ノートブック」と銘うった掌より少し大きいサイズの自由帳を購入
c0348609_2111595.jpg

あとは、つめの手入れ用のブラシを買いに三条大橋にまで戻ればミッションは終わり
そう思って、寺町の商店街を東に抜けると
いきなり黒山の人だかりに通行止め。
えええ!?
何なの!?
と背伸びしてみると
なんと「時代祭」
全く知らずに京都に来ていました。
琳派を見に来ただけでしたがうっかり時代祭にぶち当たりました。
ラッキーなのかアンラッキーなのか!?
もうたわし屋さんは目と鼻の先
なのに、道を横断することができません。
しかし、目の前を大名行列ばりの人々が
掛け声とともに芸を見せてくれたりして通り過ぎていきます。
とっても重そうなお殿様を載せてる馬は機嫌が悪く、
一歩踏み出すごとに肩がガクリ、腰がガクリと動いて辛そうでした。
小さなお爺さんを載せた馬は、楽そうに歩いています。
中には立ち止まって、ジョ~~~とやっちまうお馬さんも
観光客からは笑いが起こっていました。
でも、無理矢理人間がそうさせてるんだもん
オシッコぐらい自由にさせてあげましょうよ
さて、時代祭りは時代をさかのぼって装束を披露すると聞いたことがあります。
私は中世から上代が好きなので、
どうせお店にもたどり着けそうもないし、
しっかり最後まで行列を拝見いたしました。
中でも目を引いたのは、巴御前 さすがの美丈夫です
c0348609_20372788.jpg

その後、なぜか間間に江戸時代の裃を来た男性集団が登場します。
小野小町が、緩やかな奈良情緒豊かな唐風の衣装で登場した時、
隣でってるおじいさんが「なんで小野小町があんな格好やねん。十二単やろ」と
おっしゃっていましたが、実は、行列が正解なのです。
小野小町存命時期の装束は、みづら(総角)を結い上げた薄絹の緩やかな衣装
なのです。
おそらく百人一首の挿絵の影響で、十二単だと思っている人が多いと思いますが。
さらに、お馬さんもサラブレッドと足の太いがたいのしっかりした馬と二種類いました。
源平の合戦などの絵を見ると、足の細い美しく華奢な馬が描かれていますが、
いいえ、実は、足の太い体の大きな馬でした。
c0348609_20505957.jpg

上のような馬を源平の合戦当時はもっともよい馬として
「連銭葦毛なる馬」とよんでいました。
これくらいのしっかりした馬でないと、
成人男性の体重+三〇~四〇キロ相当の甲冑+武器を乗っけて駆けまわれません。
だから、サラブレッドさんたちは今日は大変不機嫌んで、
「いやだ! もう前には進みたくない!」
と後ずさる方もいれば、
「ええ加減、おまえ、降りへんか?」
と背中の巨漢のおじさんを振り仰いで睨みつけたりしていたのです。
ちょっと本当にかわいそうでした。
馬に乗りたい出演者は、競馬の騎手さんなみに、痩せているべきだと思います。
背骨痛めなかったかしら。

とにかく、行列を最後まで見て、
楽しんで帰りました。
さすがに疲れて帰りの電車の中では珍しく寝てしまいました。

充実した一にでした。
[PR]
by mika-atori | 2015-10-22 20:53 | 日々のこと | Comments(0)

丹波陶器祭

10月17日
丹波の陶器祭りに行ってきました

ワクワクしすぎて早く家を出て、めっちゃ早く到着するも
すでにお店は準備が始まっています。
まだ開店していないテントの前で、
おばさまやお姉さま方がわんさかたかっている窯元さんがあります。
どれどれとのぞくと、まあ、使いやすそうでかわいらしいものが多いかな。
俊彦窯さんです。
でも、私にはちょっと衝撃が少ないというか、
当たり障りない気がして
そこのテントは離れました。
さて、くまなく見て回りましたが、
なかなか気に入るものがありません。
デザインがよくても重すぎると嫌だし、
安くても、奇をてらいすぎていたり、B級品はいやです。
でも、どの器も、もしかしたらちょっと難あり的な欠点が目に留まります。
それともそれはいわゆる味わいであって、
私がわかっていないのかも。

でも、そんな中で、気になったものが2点

c0348609_2244414.jpg


右上の白いのは3つで1000円だったので、おそらく難あり商品だったとは思いますが、
左の皿は、なかなか面白いかな、と思いました。
ただ、この金箔的な筋はいらない気もしましたが、
平たいお皿が欲しかったので、4枚購入。
3000円以上買うと会場でガラガラ抽選会に参加できます。
くじ運のない私。
でも、「えい!」と念を込めて回します。
回します。回しても回しても球が出て来ません。
「反対回しやで」
おじさんがやっと気づいて教えてくれました。
さて、気を取り直して、・・・・・・
白い球がころん
「あ、すみませんねー」
おじさんがそういうので、ハズレなのだとおもってそのままテントを出ようとしたら止められました
「そこにあるチケットのどれかもろて帰って」
残念賞的な何かがあるらしいです。
見ると、
「ぬくもりの郷 入浴料 100円引き」
「兵庫県陶芸美術館入場券」
などなど……
温泉のチケットはすでに700円のところを500円で売ってくれる券を購入済みです
美術館には行きたいと思っていたので、
そちらのチケットをもらいました。
さて、買い物したものを車に詰め込んで、
身軽になってから巡回無料バスに乗り込みます。
景色は最高。
美術館に到着して受付をくぐると、
お祭りなのでプレゼントです。と
c0348609_22123039.jpg

豆皿を一枚とクッキーをくれました。
見ると、豆皿は「市野」大先生の窯のものでした。
ちょっとうれしいですね。

その後は、窯元を一つ一つめぐって、両親ように茶碗を二つ購入。
丹波栗や黒豆の枝豆なども売っていて
ああ、秋の丹波、そんな季節を満喫した一日となりました。
ただし、日差しが思いの外きつく、結構汗をかきました。
ぬくもりの郷で、ゆったりお風呂に使って汗を流し
おうどんとおでんを頂いて帰ってきました。
秋の一日遠足
とても楽しく過ごしました。
[PR]
by mika-atori | 2015-10-20 22:15 | 日々のこと | Comments(0)

25年に一度の

25年に一度しか開かれない
御勝八幡宮のお祭りに行ってきました。

車である程度山を上がってから、後は徒歩です。
結構な山奥にあるのですが、3000人(NHK発表)もの人が来ていました。
私の目から見ると1000人程度だったのですが、お昼以降だけしか見ていませんので、
午前中が多かったのかも
c0348609_2263340.jpg

目玉は、紫宸殿田楽、天座田楽、流鏑馬、もち投げ(最後のは、たんにほしいだけ)
田楽は、これでもかというほど簡素化された舞でした。
なぜかというと25年に一度しか行われないために複雑だと伝承が難しいからだそうです。
音楽も笛と太鼓で、音律もたいへん単調。
でも、ああ、平安の昔はこうだったのか、とか、ここは江戸の匂いがするな
とかいろいろ思いました。
流鏑馬は14時からでしたが、ずいぶん早くから待たされていた馬さんは、
少々面倒くさそうでした。
しかし流鏑馬が始まると、お兄さんの合図でさっそうと走ります。
走って的の方へ!
さあ、矢を放つか!
と思いきや、調教師のおねえさんが、馬の口を捉え馬を止めて、
馬上のお兄さんが的を射る・・・・・・
これ、流鏑馬ではないような・・・・・・
まあ、ご愛嬌です。
もちなげは、私は参加しはしましたが、
元気なお婆ちゃんやおばさま方に押され追いやられ、
ついに頭を抱えて避難してしまいました。
生存競争に勝ち残れないタイプだと気付きました。

次の25年後、といえば、69歳。
もう、無理です。
天座田楽で甲斐の武田家の子孫?らしい人が「猩々」を舞いました。
こういうところで遠い場所同士が繫がっているのがわかると
なんか、昔の人の移動する力って半端ないな、と感心しきりでした。
[PR]
by mika-atori | 2015-10-17 22:06 | 日々のこと | Comments(0)

人間のしたこと。

円山公園のマレーグマのウッチ―
こんな状況に追いやられ、誰も助けず、亡くなりました。
発情期にあえてこういう状況において、この子を殺したのは、職員たちです。
動物愛護法違反で起訴すべきでしょう!

見るのはひどく精神的ダメージを伴います
覚悟してから見てください。
ていうか、映像とってる音声の中でも、誰一人飼育員を呼ぼうとか言ってないのが
人間って恐ろしいなと思います。


ウッチーは100歳を超えるお婆ちゃんです
こんなことをされれば、死ぬのは目に見えていたはず。
事後報告書によれば、円山動物園発表https://www.city.sapporo.jp/zoo/topics2-804.html

彼女の怪我は、
肋骨4本骨折
(骨折は7月24日以前に負っていたとか。死亡するまで骨折の治療せずでした)
"骨折については、骨折部周囲の出血が少ないことから、ここ数日の間に折れたものではありませんでしたが、ヘルニアについては、24日に発生したものと推定。"

骨折端による重度の右脇腹損傷と右横隔膜の穿孔

腸管の横隔膜ヘルニア

死因は
折れた骨折部断端の胸膜・横隔膜への穿孔による、腸管の胸部への脱出(ヘルニア)
と園側の発表です。(事故報告書参照)

つまり噛まれた穴や骨折によって体内で穴が開いて、腸が胸の方にまで出てしまっていた(腸には圧力があるので)ということです。
ご自身の体でそんなこと想像できますか??

ひどいです。
どれだけ痛かったか。
誰も助けようとせず、はいずりながら自分のベッドに戻って、
一晩のうちに時間をかけて痛みと苦痛とショックに苛まれながら亡くなったのです。
ひどすぎます。

この円山動物園では他の動物たちもたくさん死んでいます。
すべて人間のせいです。
もう、閉園すればいいのに。

ウッチーの死を無駄にしない
円山動物園に対する署名活動です。
ワンクリックでできますし、コメントも書けます。
勝手に連れてきて自然から隔離し、自由を奪って、それで金儲け。
挙句の果てにこんな目に合うなんて。
どうか連れてこられる動物の幸せを思ってください。
お願いします。
あなたの力を貸してください。
[PR]
by mika-atori | 2015-10-16 18:39 | 日々のこと | Comments(0)

さすがにひどい

私は大学院時代に
韓国人留学生とも交流があって
決して韓国人を嫌いではないのです。

でも、これは許せないと思いました。
http://www.ilbe.com/2966801192
(閲覧注意 残虐です)

日本への抗議活動の一環として、
秋田犬を数頭
キジ数羽
を路上で切り刻んで串刺しにするデモンストレーションを行ったそうです。

確かに犬肉を食べる国であるので
どうということはないのかもしれませんが、
虐待するなんて恐ろしい。

そもそも、犬肉祭りと称して
「虐待したほうがお肉がおいしくなるから」と
生きた犬をみんなで棒で殴って
ぐったりさせてから食べるということも聞いています。

命をいただくならその命の尊厳を守ってほしい
「おいしくいただく」のではなく
「ありがたくいただく」
とその命に敬意を払ってほしい

そういう感覚があれば、
人間同士にも憎い構想のデモンストレーションのために
何のかかわりも罪もない
犬や記事を殺すことはしなかったでしょうに。
これらの犬や鳥を買い上げて国民に渡したのが
韓国政府だというから、二重の驚きです。
韓国政府の低俗さに
衝撃を受けました。

友人もいるし、
嫌いではなかったのですが、
このニュースを聞くにあたって
すこし、韓国を見る目が私の中で変わったように思います
残念です。
[PR]
by mika-atori | 2015-10-01 08:22 | 日々のこと | Comments(0)

日々のことをおもいつくままに書いています。


by mika-atori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31