2017年2月16日 — TOKYO ZEROキャンペーンでは発足以来、各地の動物愛護センターについて「捕獲・抑留し殺処分するための施設」から、ドイツのティアハイムのような「保護し譲渡するための施設」へと転換するよう訴えてきました。この度、東京都が「動物愛護相談センター整備基本構想(骨子)」に対する意見募集を始めました(2月22日締め切り)。これはTOKYO ZEROキャンペーンが訴えてきたティアハイム的施設へと転換するための大きな一歩となります。

「東京都動物愛護相談センター」はこれまで、主に本所(世田谷区八幡山二丁目9番11号)を犬猫の保管・譲渡施設として運営していましたが、手狭で一般来客用の駐車場もなく、土日は閉庁しているなどの問題を抱えていました。また城南島出張所(大田区城南島三丁目2番1号)には殺処分機が置かれ、主にここで、おおむね週に1回程度のペースで犬猫の殺処分を行っていました。
東京都が新たに動物愛護相談センターを整備するにあたり、こうした問題が解決できるよう、ぜひ皆さんからも東京都に意見を送っていただければと思います。

なお今回の基本構想(素案)には、動物愛護行政に関する事項も含まれています。TOKYO ZEROキャンペーンではこれまで、ペットショップや繁殖業者などのペット産業の適正化も求めてきました。今回の意見募集については、ペットショップや繁殖業者など「第一種動物取扱業者への監視・指導の強化」を求める必要もあると考えています。

TOKYO ZEORキャンペーンの呼びかけ人で東京都議会議員の塩村あやかさんは「世界一のセンターにするためには、動物の譲渡だけではなく、都民のモラル向上や、都がこれまでの考えを改めて問題を速やかに解決するシステムの構築まで行うことが求められます。着眼点を変えて意見を伝えるといいと思います。私もブログで意見を公表しているので参考にしてみて下さい」と指摘しています。

今回の意見募集にかかわる関連の情報は下記のサイトにあります。皆さませひお目通しいただき、意見を送ってみてください。



意見募集についてのサイト:
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/doubutsu_oshirase/ikenboshu.html

動物愛護相談センター整備基本構想(骨子):
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/doubutsu_oshirase/ikenboshu.files/kihonkousoukossi.pdf

動物愛護相談センター整備基本構想(骨子)【概要】:
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/doubutsu_oshirase/ikenboshu.files/kihonkousoukossigaiyou.pdf
[PR]
by mika-atori | 2017-02-18 06:29
↓をクリックして、ページの一番最後までスクロールしてください。署名欄があります。
犬の毛皮反対の署名にご協力を


皮を剥がれた動物は、数十分かけてくるしみと激痛の中で死にます。
あなたの毛皮のためにこんなことが起こっているのです。


[PR]
by mika-atori | 2016-03-02 20:58 | Comments(0)
{440641D6-851B-484A-A5AD-55DE1AD9EBF9:01}
福太郎ちゃん。
といいます。
ご家族がやむにやまれぬ事情で引っ越しされます。
引っ越し先がわんこ禁止なようで、
里親様を探しています。
年は取っていますが、
年をとっているからこその優しさおだやかさがあります。
かわいがって抱きしめてくださる里親様
どうか新しい家族として迎え入れてやってください。
連絡先:コメント欄に書き込んで下さればありがたいです
↑クリックして、福太郎くんの記事の最後にある「コメントする」をポチッと
おしてお問い合わせください。
よろしくお願いします。

[PR]
by mika-atori | 2016-02-16 20:42 | Comments(0)

犬猫殺処分を失くそう!

署名お願いします
↑クリックして署名してください

私たちの税金は、生かすために使ってほしい。殺すためではなく。
ぜひご署名お願いします。
実際、犬猫を殺さずにうまく社会維持できている国はいくつもあります。
努力するかしないか、です。行政は、高い税金私たちからとってるんだから、努力してほしい。安易に殺せば済むと思わないで。
それに殺す仕事についた人の精神衛生上よくない。「動物を殺す仕事」はかなりきついようです。そんな人生を人にも歩ませたくありません。
ぜひご理解をお願い申し上げます。

[PR]
by mika-atori | 2016-02-11 11:51 | 環境のこと | Comments(0)
動物虐待を正しく取り締まり操作する署名
上をクリックしてください
42,031
賛同者

This petition is available in English hear.

みなさんは、先日の盲導犬刺傷事件で犬が「物」としてしか扱われない事に違和感を覚えたのではないでしょうか?我が国では動物を傷つけても殺しても罪に問われない事が多く、懲役刑をみると「動物愛護法」よりも「器物損壊」の方が重い罪を問える為、警察は「器物損壊」で立件しようとします。つまり動物は「物」として扱われてしまうのです。

これは、感情的に違和感を覚えるのはもちろんですが、道徳上も良くない事は明らかです。

現在の動物愛護法でも比較的重い罪を与えることもできますが、市民が捜査を頼んでも捜査されなかったり執行猶予や情状酌量になってしまい、きちんと罰せられない事がほとんどです。(器物損壊の件も同様です。)これでは動物虐待に対して無法地帯と言っても過言ではありません。もし動物を虐殺した犯人が隣の家に住んでいたらどうでしょう?子どもと同じ学校に通っていたらどうでしょう?不安ですよね?

また、暴力事件を起こした事がある人の8割以上が動物虐待を経験しています。又、動物虐待は幼児虐待やDVとも関係しています。犯罪行為、暴力行為はエスカレートします。凶悪犯罪が増える中、動物虐待の犯人を厳しく取り締まる事は私達人間の安全も守ることになります。ですから、動物が好きな人はもちろん動物が好きではない人も動物虐待を厳しく取り締まる事は重要なのです。(参考リンク http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/5987/gyakutai/mainichi0814yuukan.html)

4年後の動物愛護法改正に向けて法定刑を無期もしくは5年以上の懲役。又は、300万円以下の罰金に改正。そして刑の厳格化のため、兵庫県警察のように動物虐待に対する相談窓口の設置を各都道府県にするよう求めます。

署名は動物愛護法改正にを踏まえて集め、各所に署名提出を行うつもりです。(例えば、内閣府には日本の品位向上と国民安全のため、警視庁には国民の安全向上のため、文部科学省には教育のため、等。)

動物虐待の放置は、いずれ私達人間への殺傷事件へと繋がります。動物虐待の犯人を厳しく取り締まる事は私達を守る事にもつながるのです。この署名を政府が無視した場合、それは市民の安全を守る事を放棄しているも同然といえるでしょう。

参考リンク(長野で起きた猫を川で溺死させる様子をネット配信した男は書類送検されただけです。http://getnews.jp/archives/626375 )


[PR]
by mika-atori | 2016-02-05 21:11 | 環境のこと | Comments(0)
フカヒレをとるためにサメを釣ります。一本釣りです。そのエサは、
怒ったらシェア!さんの写真

生きた犬です

彼らはこんな目にあわされ海に放り込まれます。
そして釣り上げられたサメは
ひれを全て切り取られて
体は海にごみとして投げ込まれます。
泳げないサメは、ひれに海水が流れないために、
窒息しながら長く苦しんで海底に沈んでいきます。
最後は動けない身体のまま窒息死です。


フカヒレを食べるあなたのために、
犬とサメが残虐な死を経験しています。

そうまでして、たべたいですか?
フカヒレ・・・・・・


[PR]
by mika-atori | 2016-01-26 13:40 | 環境のこと | Comments(0)
犬肉の日本輸入に反対の署名をお願いします
↑クリックをお願いします
とんでもないことです!


非人道的かつ半ば犯罪行為(家畜だけでなくペットも盗まれ違法市場に売られたりしている)
残虐極まりない拷問(長時間苦しめる程に味があがると言う迷信から生きたまま焼く、煮る、袋に入れ串刺しにし発狂させる、生きたまま毛皮をはがされるなど)で撲殺され
中国や韓国、ベトナム、など(主に中国など)から冷凍輸入される犬猫肉や毛皮…
日本国内ではメディアが公表しない等の理由から
国民が現実を知らずに飲食店(韓国料理店、中国料理店などで狗鍋やポシンタンと言う名前で)

衣類(毛皮、手袋、など)、
楽器(三味線の皮など)などで使用され消費加担させられています。
モラルを考慮しても輸入禁止の対象とされるべきだと思います。
日本の某グルメサイトでは現実を
伏せ某中華料理店の狗鍋をグルメ紹介している事実もあります。
日本での残酷な犬猫肉輸入撲滅に賛同お願いいたします。

[PR]
by mika-atori | 2016-01-26 12:50 | 環境のこと | Comments(0)

犬肉祭り反対 その1

犬肉祭り反対署名お願いします 1(あちこちで行われてるので)

犬肉祭り反対署名2
↑をクリックしてください。よろしくお願いします。

[PR]
by mika-atori | 2016-01-24 14:26 | 環境のこと | Comments(0)
人に触られる=痛めつけられる
と脳の中に刻み込まれた可哀想な犬。
保護された後、初めて人に”撫でられる”という事を知った犬、そしてその犬の見せた反応

恐怖で体は丸まり、叫び声とも取れる悲痛な泣き声を発する犬

出典 https://www.youtube.com

ほんの少し、撫でられる事に安心感を覚えてきたのか、泣き方も変化。目からは涙が溢れています


人間は怖い生き物です
つくづくそう思います
でも優しい人もいる
そういう人が増えればいいと思います


記事もとはspotlightのsayakaさんです


[PR]
by mika-atori | 2016-01-07 11:33 | 環境のこと | Comments(0)

愛犬家の皆さまへ


これ、阻止したいです。
犬肉祭り反対署名
↑ クリックしたらChange.orgに飛びます。
登録とログインが必要になります
世界でどんなことが問題視され署名活動されているかが分かるようになります

よろしくお願いします

[PR]
by mika-atori | 2015-12-29 15:15 | Comments(0)

日々のことをおもいつくままに書いています。


by mika-atori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30